上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太古の昔から、『食べる』ということは人間の根幹を成すものとされてきました。
とにかく食べなければ生きていけない。これは当たり前。赤ちゃんでも分かる。

昔の事例を挙げると、かのナポレオン1世も『食』には歯が立たなかった。
連戦連勝、無敵を誇るフランス義勇軍でさえ食料不足に陥ると撤退せざるをえません。
非常識なことを繰り返したナポレオンも、最後の最後で常識に囚われてしまった。
これが皇帝ナポレオンの最盛期に陰りが見え始めるきっかけになったのはあまりにも有名。

では、現代ではどうか。
日本では食糧不足に陥る人はそう居ません。むしろ余剰な食料を捨てている。
コンビニに並ぶ食品も賞味期限が切れると捨てられる。学校の給食も捨てられる。
これが日本や先進国では普通なこととして行われています。

そしてテレビでは盛んに『食育』だ何だかんだと言う。

これは矛盾してないのか?
食育を悪く言うつもりはないです。自分に適したものを選別する。良いことです。
でもそれは食べるものを選べる、という前提があってこそのものだということ。
例えば、芋しか無かったら食育も糞も無い。食べるしかない。


未来のことを考えてみましょう。20年後。
日本は食糧に困窮し、頼みの3次産業も衰退の一途を辿る。
お金が無くなる。輸入も無くなる。
裕福な暮らししか送ってこなかった日本人は困ってしまいます。残ったのは借金だけ。
こういう未来も十分考えられるわけです。今の日本人は腐ってるから。

そんな時の為に提案を1つ。3日間、水だけで暮らしてみませんか。
1度経験しておけば役に立つこともあるし、お金もかからない。ダイエットにもなる。
何も兵隊になれって言ってるんじゃあない、国民皆兵のナポレオンに比べたら優しい方。

食べれることのありがたみって、こうでもしないと日本では分からないんだよね。
新年度になって一人暮らしを始めたあなたもどうですか。断食体験。
2日目が結構辛いんですが、3日程度じゃ体調に目立った変化は出ません。
是非1度やってみてね!
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 A recipe for Angel-Egg, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。