上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回:DQⅢ~04章 砂漠のピラミッド

かなり長いこと間が開いてしまった。が、待っている人もおらまい。
ちょっと長めです。でも、前後半に分ける程じゃない長さ。

そういえばDSのDQⅤは来春発売だそうです。
詳しくはこっちを見てくれ。何このださいグラフィック…。




ポルトガ

船を持っているというポルトガの王様に会いに行く。
しかし…思った通り、タダでは譲ってくれないらしい。

王様は交換条件として、バハラタという街の名産であるコショウを持ってくるように命じた。
かなり遠い所にあるらしく…自分では行きたくないようだ。

力技

途中、王様の友達だというノルドにぬけ道を教えて貰いつつ、先へと急ぐ。
ぬけ道を抜けると、すぐそこはバハラタだった。

+++

到着してすぐにコショウ屋に向かうが誰も居ない。
お爺さんに話を聞くと、どうやら人さらいが横行しているらしい…。
コショウ屋の人も、おそらくさらわれてしまったのだろう。
早速、助けに向かうことにする。

アジトは迷路の様な造りになっていたが、階層は無く、モンスターもそれ程強くない。
詰まることも無く進むと、人さらいの子分に出くわした。

カンダタこぶん

…何だか、見覚えがある。

再会

どうやら、カンダタは場所を移し未だに盗賊家業を続けていたらしい。

カンダタ

な!な!

今度こそ更正してくれると良いのだが…。

+++

さらわれた人

カンダタが逃げた後、アジトからコショウ屋の主人とその妻を助け出し、コショウを譲り受けた。

くろこしょう

これでポルトガの王様から船を貰うことができそうだ。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 A recipe for Angel-Egg, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。